プロミスの審査の流れは?借りやすさはどうなの?

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがプロミスのカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保を用意する必要もありません。

何より、保証人を立てて審査の流れを確認するなど時間がかかってしまうためカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるプロミスのキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

近頃の消費者金融のプロミスというと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますからウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

人気が高いプロミスなど審査の流れを見ると消費者金融の理由は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りどの消費者金融のプロミスも審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

それよりも、スムーズに手続きが完了するかということや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利というものは銀行プロミスのカードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のプロミスのプロミスのキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行プロミスのカードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融のプロミスの場合は審査の流れからしても預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によってブラックというイメージが払拭されつつありますね。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融のプロミス業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちで悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたのでブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

簡単に借り入れができると言われる消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者だってご存知でしたか?貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融のプロミスの方が数段上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融のプロミスの方が、与信審査の流れをみても専門性が圧倒的に高いのです。

消費者金融の借入れ条件やデータというものはネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

消費者金融のプロミス業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

各消費者金融のプロミスについておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

消費者金融のプロミスのキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、それなりの理由があると思います。気になる方はプロミスの審査の流れをまず確認しておきましょう。

参考:プロミス審査の流れは?WEB契約申し込み窓口【即日融資OK】
過去に自己破産を経験した人や延滞した事がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融のプロミスでも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

ローンを組むことができる金融機関には銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが最近では銀行でもプロミスのカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

金融機関は基本的にお金を貸して得られる利子で売上を確保し、利益を上げています。

消費者金融と銀行の金利を比較してみると通常は銀行の金利の方が低く、消費者金融の金利の方が高いと言われています。

ただ、中には消費者金融のプロミスよりも金利が高い銀行プロミスのカードローンというのも存在しますので、あながち消費者金融のほうが高金利であるとは言い切れません。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行法とは異なります。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてプロミスのカードローンがありますが銀行が提供しているプロミスのカードローンと消費者金融が提供しているプロミスのカードローンの2種類があります。

銀行プロミスのカードローンといえば金利が低く、貸出限度額が大きいのが特徴的ですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、消費者金融のプロミスのキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

諸々の条件で消費者金融の方が銀行カードローンよりもデメリットを感じるかもしれませんが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

消費者金融のキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

ですから、プロミスのカードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組む際にはプロミスのカードローンは解約しておきましょう。

消費者金融のプロミスは審査の流れを見ると銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、世間一般的に過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。