3Dテレビ通販ガイドTOP > 今の3Dテレビ事情 > 今の話題は3Dテレビだけではありませんよ

今の話題は3Dテレビだけではありませんよについて

 

あなたは、アメリカンコミックを読んだことはありますか!?

 


アメリカンコミックと言えば、立体的に見える雑誌を良く見かけますよね。

 

また、専用メガネがなかっても、見るだけで、立体的に感じるポスターもありますし、または、時計などがありますよね。分かりますか!?

 

最近の商品に関しては、なんと!! デジタルカメラで3D画像が撮影できるんですよ!! こんな驚きの製品もあります。凄いですよね。(笑顔)

 

一番ユニークな製品と言えば、3Dのシャボン玉ですね。(笑)
「元々シャボン玉は立体じゃないの!?」なんて、野暮なことは言わないでくださいね。(笑)
商品名が3Dバブルと言うだけです。この商品は、アメリカの商品です。また日本でも販売されています。

 

これもまた、専用メガネが必要になります。

 

このメガネでシャボン玉を見ると、シャボン玉が星の周りに浮かんでいるように見えるんですよ。凄いでしょう。(笑顔)

 

他にも、雷、ハート型、蝶々が見える商品もあります。(笑顔)

 

これは、子供たちだけでなく、大人(女性など)にも喜んでもらえそうですね。(笑顔)

 

雑誌、映画で3Dが話題になりましたが、肝心の3Dテレビの方は、2015年で市場規模は420万台と予想されているそうですね。

 

いまや、3Dと言えば、3Dテレビですよね。(笑顔)

 

相次いで家電メーカー各社が、この事業に参入してきています。

 

これからは、メガネを着けなくても立体映像が見られるようになるそうですよ。凄いですね。そんなテレビも発売する予定だそうですよ。(!!)

 

2010年、3Dテレビの世界での市場規模は240万台の見込みとなっています。ちなみに日本は50万台と言われています。

 

普及が進むポイントとしては、3Dで見たくなるような、コンテンツが増え続けていくことではないでしょうか。

 

あなたも、是非3Dテレビでみたいと思わせるコンテンツを観てみましょう。また増えて増えて、需要が増えることを祈りましょう。(笑顔)。

 

今の3Dテレビ事情記事一覧

今の3Dテレビ事情について(1)

有名な日本の家電メーカーがありますが、パナソニックやソニー、シャープをご存知ですか!?これらのメーカーは、2009年10月に開かれた「CEATECJAPAN2009」で...

今の3Dテレビ事情について(2)

ソニーの3Dテレビの話に戻りますね。今回は、ソニーの3Dテレビについて紹介します。参考にしてみてください。ソニーのテレビには、「BRAVIA」シリーズとなってい...

今の3Dテレビ事情について(3)

前回の続きですが、偏光フィルターで光のロスがあるので、その分、光のロスが減ると、立体表示画面の暗さをおさえたそうですよ。凄いでしょう。これで、ソニーの3Dテレビにおいて...

今の3Dテレビ事情について(4)

ソニーの3DテレビのBRAVIAシリーズをご存知ですか。これですと、外付けで、3D表示可能な「3Dレディーモデル「HX900シリーズ」が、他と比べても画質的に最も良いと言われていま...

今の話題は3Dテレビだけではありませんよ。(パート1)

迫力たっぷりの立体的映像と言えば何を想像しますか。わたしは、3Dですね。つまり3次元の映画です。昔にも三次元の映画がありましたよね。私も、子供の頃に、飛...

今の話題は3Dテレビだけではありませんよ。(パート2)

前回の続きですが、特にこの3D紙芝居は絵に使う色を工夫することで、強調したい部分が飛び出すようになっています。凄いでしょう。もちろん、専用メガネが必要ですよ。それをつけ...

今の話題は3Dテレビだけではありませんよ

あなたは、アメリカンコミックを読んだことはありますか!?アメリカンコミックと言えば、立体的に見える雑誌を良く見かけますよね。また、専用メガネがなかっても、見るだ...