3Dテレビ通販ガイドTOP > 今の3Dテレビ事情 > 今の話題は3Dテレビだけではありませんよ。(パート1)

今の話題は3Dテレビだけではありませんよ。(パート1)について

 

迫力たっぷりの立体的映像と言えば何を想像しますか。

 

わたしは、3Dですね。つまり3次元の映画です。

 


昔にも三次元の映画がありましたよね。

 

私も、子供の頃に、飛び出すアニメ映画を見た記憶がありますが、あなたはどうですか!?

 

映画館でメガネをもらい、それをかけることで、画像が飛び出してくると言うことです。

 

子供のころは、ビックリして確かにこういう楽しみがありましたよね。(笑)
今や、3Dテレビなるものが登場しているくらいです。これにより家庭でも3Dを楽しむことができる時代を迎えようとしています。(笑顔) 凄いですよね。

 

今はまだ、3Dテレビの普及は難しいでしょうが、メーカー側は製品開発に力を入れているようですよ。(笑顔)

 

さて、3D体験は、何もテレビや映画だけじゃないんですよ。ご存知ですか!?。

 

色々な商品で、または、色々なサービスで3Dを楽しめるようになりそうですよ。

 

例えば、昔からある紙芝居があります。これが3D紙芝居として上演されることもありました。知ってますか。

 

3D紙芝居とは、今の子供たちに合わせて作られた紙芝居のことを言います。

 

今の子供たちは、アニメ大好きですよね。昔の人もあればそうだったと思います。(笑)
アニメなしでは語れないのが、今の子供たちでもあります。

 

すっかりアニメの迫力に慣れてしまっていますよね。(苦笑)

 

ですから、通常の紙芝居ではきっと興奮しないのではないかと思います。(汗)

 

紙芝居師の方が、3D紙芝居に合わせて実演します。ですから、それは、ライブで臨場感もあります。(笑顔) 凄いでしょう。

 

テレビで見るものと、生で聞くものには、子供たちにとっても、また違った興奮があるのではないでしょうか。(笑顔)

 

実は、紙芝居を上演する劇団があります。知っていますか!?

 

それは、「渋谷画劇団」と言います。

 

これは、プロ紙芝居師集団というものです。

 

この劇団が、昔ながらの紙芝居の楽しさを、子供たちに教えてくれます。(笑顔)良いでしょう。

 

今の3Dテレビ事情記事一覧

今の3Dテレビ事情について(1)

有名な日本の家電メーカーがありますが、パナソニックやソニー、シャープをご存知ですか!?これらのメーカーは、2009年10月に開かれた「CEATECJAPAN2009」で...

今の3Dテレビ事情について(2)

ソニーの3Dテレビの話に戻りますね。今回は、ソニーの3Dテレビについて紹介します。参考にしてみてください。ソニーのテレビには、「BRAVIA」シリーズとなってい...

今の3Dテレビ事情について(3)

前回の続きですが、偏光フィルターで光のロスがあるので、その分、光のロスが減ると、立体表示画面の暗さをおさえたそうですよ。凄いでしょう。これで、ソニーの3Dテレビにおいて...

今の3Dテレビ事情について(4)

ソニーの3DテレビのBRAVIAシリーズをご存知ですか。これですと、外付けで、3D表示可能な「3Dレディーモデル「HX900シリーズ」が、他と比べても画質的に最も良いと言われていま...

今の話題は3Dテレビだけではありませんよ。(パート1)

迫力たっぷりの立体的映像と言えば何を想像しますか。わたしは、3Dですね。つまり3次元の映画です。昔にも三次元の映画がありましたよね。私も、子供の頃に、飛...

今の話題は3Dテレビだけではありませんよ。(パート2)

前回の続きですが、特にこの3D紙芝居は絵に使う色を工夫することで、強調したい部分が飛び出すようになっています。凄いでしょう。もちろん、専用メガネが必要ですよ。それをつけ...

今の話題は3Dテレビだけではありませんよ

あなたは、アメリカンコミックを読んだことはありますか!?アメリカンコミックと言えば、立体的に見える雑誌を良く見かけますよね。また、専用メガネがなかっても、見るだ...