3Dテレビ通販ガイドTOP > 今の3Dテレビ事情 > 今の3Dテレビ事情について(1)

今の3Dテレビ事情について(1)について

 

有名な日本の家電メーカーがありますが、パナソニックやソニー、シャープをご存知ですか!?

 


これらのメーカーは、2009年10月に開かれた「CEATECJAPAN2009」で3Dテレビを展示していました。ご存知ですか。

 

パナソニックやソニー、シャープと言った3社そろって展示をしていましたが、その際、映像のできはどうだったのでしょう?
一番良かったのは、私の好きなパナソニックでした。(笑顔)

 

そして、次がシャープだったそうですよ。以外でしょう。私は個人的にソニーかと思っていました。(汗)

 

ソニーは世界のソニーと言われているくらいなのに、なぜ、この3社の中で最下位だったのでしょう?(汗)

 

ソニーの3Dテレビに関しては、映像が暗くて、クロストークやフリッカーも見られたと言うことがその原因ではないかと思います。

 

あなたは、「クロストーク」という言葉をご存知ですか。ご存知でない方が多いのではないでしょうか。

 

『フリッカー』
これは、人間が認識できる明りのちらつきのことを言いますす。

 

一般的にフリッカーは、照度が変化することにおって起ります。(汗)

 

しかし、その影響は照度が変化する量だけに関係しているのではありません。変化の形状、変化の時間、 繰り返えされる頻度によっても、違ってくるそうですよ。

 

例えば、蛍光灯ながと言えますね。ちかちかとしたりしますよね。

 

これは、実際、毎秒100回ほど点滅しています。しかし、人間の知覚の限界より上になっているので、殆どの人がこのちらつきを認識できませんね。(汗)

 

『クロストーク』
通信回線のケーブルが、他の機器にあるケーブルの信号、外部から電磁波を拾ってしまうことがありますよね。そのことです。

 

クロストークが起きることで、通信にノイズが入ってしまいます。これが映像の乱れにも繋がります。

 

ちなみに、このクロストークと言うのは、通信ケーブルに電磁波などを、外部から拾えないようにする、遮断するためのシールド加工をすることで防げます。(笑顔)

 

今の3Dテレビ事情記事一覧

今の3Dテレビ事情について(1)

有名な日本の家電メーカーがありますが、パナソニックやソニー、シャープをご存知ですか!?これらのメーカーは、2009年10月に開かれた「CEATECJAPAN2009」で...

今の3Dテレビ事情について(2)

ソニーの3Dテレビの話に戻りますね。今回は、ソニーの3Dテレビについて紹介します。参考にしてみてください。ソニーのテレビには、「BRAVIA」シリーズとなってい...

今の3Dテレビ事情について(3)

前回の続きですが、偏光フィルターで光のロスがあるので、その分、光のロスが減ると、立体表示画面の暗さをおさえたそうですよ。凄いでしょう。これで、ソニーの3Dテレビにおいて...

今の3Dテレビ事情について(4)

ソニーの3DテレビのBRAVIAシリーズをご存知ですか。これですと、外付けで、3D表示可能な「3Dレディーモデル「HX900シリーズ」が、他と比べても画質的に最も良いと言われていま...

今の話題は3Dテレビだけではありませんよ。(パート1)

迫力たっぷりの立体的映像と言えば何を想像しますか。わたしは、3Dですね。つまり3次元の映画です。昔にも三次元の映画がありましたよね。私も、子供の頃に、飛...

今の話題は3Dテレビだけではありませんよ。(パート2)

前回の続きですが、特にこの3D紙芝居は絵に使う色を工夫することで、強調したい部分が飛び出すようになっています。凄いでしょう。もちろん、専用メガネが必要ですよ。それをつけ...

今の話題は3Dテレビだけではありませんよ

あなたは、アメリカンコミックを読んだことはありますか!?アメリカンコミックと言えば、立体的に見える雑誌を良く見かけますよね。また、専用メガネがなかっても、見るだ...