3Dテレビ通販ガイドTOP > ソニーの3Dテレビ技術 > ソニーの3Dテレビ技術(5)

ソニーの3Dテレビ技術(5)について

 

前回の続きです。

 


あなたもご存知のように、フィルムですと現像してから、初めて中身を観ることが出来ますよね。

 

言い換えれば、「ちゃんと撮れているのか」については、それまではわからないと思います。(汗)

 

また、映画作りに関しては、フィルム編集にも大変時間が掛かってしまいますよね。!?

 

それと、映画館で上映する場合は、上映用フィルムを複写して運ばなければならないと言ったことがあります。(汗)。

 

それに比べてデジタルシネマカメラになりますと、当然、その場で見ることができますし、検索が簡単です。あとこのように編集についても便利になりましたよね。(笑顔)

 

映画館での上映用フィルムは、データになりますので、配信しやすくなっています。前とは格段の差がありますね。

 

映画業界でフィルムからデジタルへの移行で課題になっていることがあります。それがクリアになりました。そんな現在、画質なども高い評価をもらっています。(笑顔)

 

ソニーは、このようにして映画制作にも革新を起こしてきました。そんな今、力を入れている物があります。それが「3Dテレビ」なのです。

 

映像制作のデジタル化のノウハウが、3D制作にも効率をもたらしています。

 

今では、映画用の3D作品が多く制作されるようになっています。(笑顔)

 

この撮影で、ソニーのデジタルシネマカメラを使っている現場も多くなっているようですね。

 

カメラだけではありませんよ。ソニーは、独自の液晶ディスプレイデバイスを搭載してある、フルHDの更に4倍を超えた高精細プロジェクターを発売しています。凄いですよね。

 

これは、米国や日本を始め、世界中で使われるようになっています。(笑顔)

 

このように映画においては、撮影から上映まで映画制作技術の全てをソニーが支えているといっても良いですね。

 

そして、今、ソニーは3Dテレビでの映像を楽しんでもらう為に、専用機器の開発もしているそうですよ。

 

この技術についてですが、ノウハウによっては、作られる高品位の3D映像作品を人々に楽しんでもらうために普及させたいそうですよ。(笑顔)

 

ソニーの3Dテレビ技術記事一覧

ソニーの3Dテレビ技術(1)

あなたは、好きな家電メーカーがありますか?ちなみに私は、パナソニックが好きですね。(笑)キッチンの家電は、「どこどこのメーカーが良い」とか、オーディオ類について...

ソニーの3Dテレビ技術(2)

前回の引き続きになりますが、この「フレームシーケンシャル表示方式」と言うものは、「右目用映像」と、「左目用映像」、この二つを交互に画面表示されます。この映像を、映像表示...

ソニーの3Dテレビ技術(3)

今では、殆どの家庭で大きな画面のテレビを観るようになりましたよね。それだけ普及してきたのでしょうね。(笑顔)画像が鮮明であることにあなたもなれていることでしょうから、今...

ソニーの3Dテレビ技術(4)

前回の続きです。※ 1Kイコール約1000です。※ 2Kプロジェクターですと、2048×1080で221万画素ということになります。※4Kプロジェクター...

ソニーの3Dテレビ技術(5)

前回の続きです。あなたもご存知のように、フィルムですと現像してから、初めて中身を観ることが出来ますよね。言い換えれば、「ちゃんと撮れているのか」については、それ...