3Dテレビ通販ガイドTOP > ソニーの3Dテレビ技術 > ソニーの3Dテレビ技術(4)

ソニーの3Dテレビ技術(4)について

 

前回の続きです。

 


※ 1Kイコール約1000です。

 

※ 2Kプロジェクターですと、2048×1080で221万画素ということになります。

 

※4Kプロジェクターなら、約885万画素と言うことになりますね。画素数で言えば4倍になります。

 

この数字から、お分かりいただけると思いますが、これがソニーのデジタルプロジェクターの高解像度の説明になります。

 

3Dテレビと言えば、映像の美しさがあります。撮影された映像の方にもソニーの力は及んでいます。(笑顔)

 

またソニーは世界で初めて、放送用「ハイビジョン映像システム」を商品化しました。凄いですよね。

 

また、世界のクリエイターも、ソニーが良いと選んでいると言う話も聞きます。また、ソニーは世界的に有名なブランドでもありますよね。

 

特に映像制作の分野だと、最高峰である「HDCAM-SR」を選んでいますし、「XDCAM」、「HDV」と、映像のプロフェッショナルがソニーを選んでいます。凄い事です。(笑顔)

 

2000年にソニーから発売された人気のシリーズがあります。それは「HDCAM」シリーズです。その中でも初のデジタルシネマカメラとなったのが「HDW-F900」になります。ご存知ですか!?

 

これは、なんと!!、映画の都、ハリウッドからの強い要望で開発した商品と言われています。

 

あの、有名なジョージ・ルーカス監督作品の「スターウォーズエピソード2」の撮影にも使用されたくらい凄いものです。(笑顔)。

 

こうした技術を持った世界のソニーですが、3Dテレビを発売するそうですよ。(笑顔)

 

あなたもより興味が出てきたのではないでしょうかね。(笑)

 

3Dテレビでも同じ事が言えます。それは高画質です。これは重要です。

 

もちろん、映画でも同じことが言えますよね。

 

昔から映画のように高画質でなければならないものがあります。

 

こだわった映像作品として、表現できる「記録媒体」にはフィルムしかなかったと思います。(汗)

 

(続く。)

 

ソニーの3Dテレビ技術記事一覧

ソニーの3Dテレビ技術(1)

あなたは、好きな家電メーカーがありますか?ちなみに私は、パナソニックが好きですね。(笑)キッチンの家電は、「どこどこのメーカーが良い」とか、オーディオ類について...

ソニーの3Dテレビ技術(2)

前回の引き続きになりますが、この「フレームシーケンシャル表示方式」と言うものは、「右目用映像」と、「左目用映像」、この二つを交互に画面表示されます。この映像を、映像表示...

ソニーの3Dテレビ技術(3)

今では、殆どの家庭で大きな画面のテレビを観るようになりましたよね。それだけ普及してきたのでしょうね。(笑顔)画像が鮮明であることにあなたもなれていることでしょうから、今...

ソニーの3Dテレビ技術(4)

前回の続きです。※ 1Kイコール約1000です。※ 2Kプロジェクターですと、2048×1080で221万画素ということになります。※4Kプロジェクター...

ソニーの3Dテレビ技術(5)

前回の続きです。あなたもご存知のように、フィルムですと現像してから、初めて中身を観ることが出来ますよね。言い換えれば、「ちゃんと撮れているのか」については、それ...