3Dテレビ通販ガイドTOP > ソニーの3Dテレビ技術 > ソニーの3Dテレビ技術(3)

ソニーの3Dテレビ技術(3)について

 

今では、殆どの家庭で大きな画面のテレビを観るようになりましたよね。それだけ普及してきたのでしょうね。(笑顔)

 


画像が鮮明であることにあなたもなれていることでしょうから、今は画像がどれだけ綺麗いに見えるか、それがとても大事な要素になってきています。(笑顔)

 

ソニーの3Dテレビに関しましては、最新技術である「フレームシーケンシャル表示方式」が導入されています。これによってクリアな画像が楽しめるようになりました。(笑顔)

 

また、映画館では、昔からの映画フィルムを使った映写機でしたよね。これが一般的でしたよね。

 

しかし、現在では、この映写機での上映方式から、「デジタルプロジェクター」を使っての上映方式へ変わってきているようですね。ご存知ですか。

 

このように映画と3Dテレビ、どちらもソニーが共通して功績を残しています。そんな分野でもあります。

 

それでは少しですが映画制作について話しましょう。

 

映画上映方法がデジタル化されると言うことは、昔からのフィルムになかったものを入れられるようになります。

 

言い換えれば、それが、色々なコンテンツになります。

 

その中でも、3Dで上映される映画については、デジタルプロジェクターで上映する利点を最大限に楽しめるコンテンツがあります。

 

まずはリアルで鮮明な映像があります。それと、大きなスクリーンで見ることの臨場感、そして、迫力の音響があります。

 

これらにプラスして、3Dでは、新しい興奮が得られると思います。

 

ソニーは、より高品質な映像を楽しめるものを発表しています。何だか分かりますか!?

 

それは「4Kデジタルシネマプロジェクター」です。

 

デジタルシネマプロジェクターにおいてよく使う表現方法として「2K」や「4K」があります。知ってますか。

 

簡単に説明しますと、これは解像度を略した言葉になります。

 

※ 1Kイコール約1000です。

 

※ 2Kプロジェクターですと、2048×1080で221万画素ということになります。

 

ソニーの3Dテレビ技術記事一覧

ソニーの3Dテレビ技術(1)

あなたは、好きな家電メーカーがありますか?ちなみに私は、パナソニックが好きですね。(笑)キッチンの家電は、「どこどこのメーカーが良い」とか、オーディオ類について...

ソニーの3Dテレビ技術(2)

前回の引き続きになりますが、この「フレームシーケンシャル表示方式」と言うものは、「右目用映像」と、「左目用映像」、この二つを交互に画面表示されます。この映像を、映像表示...

ソニーの3Dテレビ技術(3)

今では、殆どの家庭で大きな画面のテレビを観るようになりましたよね。それだけ普及してきたのでしょうね。(笑顔)画像が鮮明であることにあなたもなれていることでしょうから、今...

ソニーの3Dテレビ技術(4)

前回の続きです。※ 1Kイコール約1000です。※ 2Kプロジェクターですと、2048×1080で221万画素ということになります。※4Kプロジェクター...

ソニーの3Dテレビ技術(5)

前回の続きです。あなたもご存知のように、フィルムですと現像してから、初めて中身を観ることが出来ますよね。言い換えれば、「ちゃんと撮れているのか」については、それ...