3Dテレビ通販ガイドTOP > 3Dテレビの説明 > 3Dテレビの説明(パート1)

3Dテレビの説明(パート1)について

 

あなたは、今話題の3Dテレビをご存知ですか!?

 


まず3Dと言えば、立体的に見えることだと思います。そのように一般的に知られていますよね。

 

この3D映像は、昔から子供向けの映画などでよく観られましたよね。

 

ディズニーランドのアトラクションでも、3Dが楽しめますよね。UFJでもそうです。

 

さて、最近は3Dと言えばなんだと思います。!?

 

それは、3Dテレビですよね。(笑)
映像が立体的に見えます。そして、飛び出してくるように見えます。これがテレビで見れるのです。凄いですよね。もう映画やアトラクションに限ったことではなくなってきているのです。

 

テレビで実現可能になったので、家庭でも楽しむことができます。

 

実際に、3Dテレビとは、どのようなものなのでしょう!?

 

それは、3Dテレビ専用の眼鏡があって、それをかけることで、3次元(立体映像)を見ることができるようになっています。

 

そもそも、人間は立体物を目で確認しますと、左右、それぞれの目がある位置が違っていることから、「視差」というものが発生し、この視差を使ったものが、3D技術と言うことになります。

 

本来、平面的である映像を、視差を利用して立体的なものとして、人間の脳に知覚させると言うことになります。

 

簡単に言うと、実際は平面だけれども、立体的だと脳に思わせる技術と言えます。それを使ったテレビが3Dテレビと言うことです。

 

今はそうでも、昔の飛び出す映画などは、どのような仕組みだったのでしょうかね!?

 

以前の3D映画については、左右それぞれの目に合わせた画像を見られるようになっていました。

 

知っていると思いますが、フィルム(偏光フィルム)を使った眼鏡をかけていましたよね。(赤と青のレンズ)ですが、それに対して2010年から登場する3Dテレビは、液晶シャッター付き眼鏡を使うようになっています。それががほとんどですね。

 

3Dテレビの説明記事一覧

3Dテレビの説明(パート1)

あなたは、今話題の3Dテレビをご存知ですか!?まず3Dと言えば、立体的に見えることだと思います。そのように一般的に知られていますよね。この3D映像は、昔から子供...

3Dテレビの説明(パート2)

もう既に知っているかもしれませんが、テレビの映像というものは、1秒間に何度も何度も、新しい画像、次の画像に書き換えていますよね。ご存知ですか!?その画像の書き換えが、私...

3Dテレビの説明(パート3)

現在、販売されている通常のテレビですが、これは以前と比べるとかなり値段が落ちているそうですよ。ご存知ですか!?液晶テレビであれ、薄型テレビであれ、どんどん価格が落ちてい...

3Dテレビの説明(パート4)

前回の続きですが、1974年には、レーザーディスクプレーヤーがデビューしています。●続いて1981年にはカムコーダーがデビューしています。(笑顔)●また、198...

3Dテレビの説明(パート5)

前回の続きですが、このアバターと言う映画が世界中に話題になったこともあって、3Dとしての映像に興味を持つ人が増えたようですね。そのように言われています。それまで知らなか...

3Dテレビの説明(パート6)

前回の続きです。●パナソニックの出す3Dテレビにおいては、50型から60型のプラズマ3Dテレビを出すそうです。●ソニーの出す3Dテレビは、40型から60型の液晶...